So-net無料ブログ作成
検索選択

清水とは残念な2−2のドロー [名古屋グランパスエイト]

 直志さんの現役選手引退の報があった後の最初の試合。ベンチ入りもなかったのは残念。直志さんは、私がグランパスの試合を見始めるようになる前からこのチームのメンバーで、私にとっては心の「お兄さん」的存在(もちろんお歳はだんぜん下なんですが…)。好きな選手は他にもいるけれど、生え抜きの最年長として慕っておりました。印象に残っているのは強烈なミドル弾、たしか浦和戦だったかな…ちょっと曖昧。瑞穂でご一緒した直志ファンの方が喜び過ぎて私の肩や腕をバンバン叩いたので、強烈な思い出!本当にカッコ良かったです。
 中断明けの32節は清水に降格の引導を渡す係になるのかとちょっと期待もしていたのですが、引き分けの結果はまあよくやったと思う事にします。ゴールの田鍋くんは東京出身なのでずっと気にしていますから、更なる活躍を望みます。残る試合のお相手は大宮と浦和。どっちの試合も注目されそうですね、あっちのチームの勝敗が。
 残り2試合ですけど、勝ってすっきり終わりましょうよ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る